All Posts By

剣道時代 編集部

  • 剣道の技

    剣道修行の要諦(右田重昭)

    2024.6 KENDOJIDAI 構成=寺岡智之撮影=西口邦彦 国士舘大学で教鞭を執る右田重昭範士は、PL学園高校から国士舘大学、そして現在に至るまで基礎基本の徹底を剣道修行の主眼においてきた。「剣道は生涯学んでいくものだからこそ、日々の稽古では必ず基本の習得に努めてもらいたい」と話す右田範士に、剣道を求めていく上での要点について語っていただいた―。 右田重昭 範士八段 みぎた・しげあき/昭和3 […]…

    2024年6月10日
  • インタビュー 世界剣道選手権大会

    草野龍二朗インタビュー

    2024.7 KENDOJIDAI 撮影=笹井タカマサ 草野龍二朗 くさの・りゅうじろう/平成7年長崎県生まれ。長崎西陵高から鹿屋体育大に進み、卒業後大阪府警察に奉職する。全日本選手権出場2回ベスト16、全国警察大会団体1部優勝2位3位、全日本都道府県対抗大会優勝、国体出場など。剣道五段 運命の電話一報日本代表の重みを実感した  2024年4月3日、日本スポーツ協会記者会見室において、世界剣道選手 […]…

    2024年6月3日
  • インタビュー

    第19回世界剣道選手権大会、日本代表選手が決まる!

    KENDOJIDAI 2024.6 全日本剣道連盟は、第19回世界剣道選手権大会日本選手団発表記者会見を実施し、男子10人、女子10人の代表選手を発表した。 この20名で、男子団体・個人、女子団体・個人の4部門で完全優勝をめざす。  第19回世界剣道選手権大会(19WKC)の日本代表選手団発表記者会見が令和6年4月3日(水)、日本スポーツ協会記者会見室(JAPAN SPORT OLYMPIC SQ […]…

    2024年5月27日
  • インタビュー

    強豪七段の技術と稽古(内村良一)

    2024.5 KENDOJIDAI 写真=西口邦彦構成=土屋智弘 近年は全日本選抜剣道七段選手権で三度の準優勝、そして本年二度目の3位の戦績を収め、指導者としては警視庁特練や本年開催される世界選手権大会のコーチとして活躍する内村教士。その華麗なる実績は伝説の域にあるが、現在はどのような思いで剣道に向き合っているのか。七段戦の振り返りを交えてお話しいただいた。 内村良一教士七段 うちむら・りょういち […]…

    2024年5月20日
  • 剣道の技 基本稽古

    切り返しで地力を養う(武井幸二)

    2024.5 KENDOJIDAI 撮影=西口邦彦 国士舘大学剣道部の切り返しは原則、9本の連続左右面を3回行なう。切り返しは旺盛な気力を養い、体幹を鍛えるなどの効果がある。工夫・研究し続けることが大切だ。 武井幸二教士八段 たけい・こうじ/昭和42年茨城県生まれ。巣鴨商業高校から国士舘大学に進み、卒業後、山形県教員を経て母校国士舘大学の教員となる。世界剣道選手権大会個人2位、全日本剣道選手権大会 […]…

    2024年5月6日
  • 攻め

    先を懸けて勝機をつくれ(岩下智久)

    2024.4 KENDOJIDAI 写真=笹井タカマサ構成=土屋智弘 先を懸ける上で必須となる「攻め」を分析すると、竹刀・足・身体の攻めに大別されると岩下教士は説く。先を懸ける気持ちが通用すると、相手よりも早く準備ができ、勝負の駆け引きを有利に運ぶことにもつながる。相手に通用する攻めを生み出し攻め勝つには?自身の試合体験や現在感じている心境を交えてお話しいただいた。 岩下智久 教士七段 いわした・ […]…

    2024年4月29日
  • 攻め

    先を懸けて勝機をつくれ(井口 清)

    2024.4 KENDOJIDAI 撮影=西口邦彦翻訳= 若手時代から輝かしい実績をおさめてきた井口教士は、平成28年に八段に合格した。八段挑戦の過程の中で、「先を懸ける」ことの重要性を実感したという 井口 清教士八段 いぐち・きよし/昭和44年埼玉県日高市生まれ。皆野高から流通経済大に進み、卒業後埼玉県警察に奉職する。全日本選手権出場10回、世界大会団体優勝2回、全国警察大会個人優勝など。令和4 […]…

    2024年4月22日
  • 攻め 溜め

    先を懸けて勝機をつくれ(東良美)

    2024.4 KENDOJIDAI 「剣道は攻撃あって守りなし。常に向かっていく気持ちが大事です」と東良美範士は強調する。常に向かっていく気持ちで相手を崩すには、左半身を意識した構えで相手に圧力をかけ、主体的に打突の機会をつくっていくことが大切だ。 東良美 範士八段  剣道を続けていると「先が懸かっていない」「待っている」などと指摘を受けることがあると思います。剣道は練度が上がると目に見えない気の […]…

    2024年4月15日
  • インタビュー 全日本剣道選手権大会

    新時代の旗手たち(星子啓太)

    KENDOJIDAI 2024.3 写真=笹井タカマサ 2023年の剣道界を彩った3人の若手剣道家たち。第一線を走る彼らは何故強いのか。一流の一流たる由縁にせまる。 星子啓太 ほしこ・けいた/平成10年鹿児島県姶良市生まれ。重富剣道スポーツ少年団・吉野剣道スポーツ少年団で剣道を学び、九州学院高、筑波大に進む。卒業後、警視庁に奉職。世界大会団体優勝、全日本選手権優勝1回3位2回、全国警察大会団体1部 […]…

    2024年4月8日
  • インタビュー 全日本剣道選手権大会

    新時代の旗手たち(松﨑賢士郎)

    KENDOJIDAI 2024.3写真=笹井タカマサ 2023年の剣道界を彩った3人の若手剣道家たち。第一線を走る彼らは何故強いのか。一流の一流たる由縁にせまる。 松﨑賢士郎 まつざき・けんしろう/平成10年長崎県生まれ。島原高から筑波大に進学し、卒業後は同大学院に進み現在博士課程1年、茗渓学園中高非常勤講師・同剣道部コーチ、広尾学園中高剣道部コーチ。全日本選手権優勝1回2位2回、ワールドコンバッ […]…

    2024年4月1日