はじめに

自宅稽古

インタビュー

  • 攻め 溜め

    起こりをとらえて打て(関川忠誠)

    2021.8 KENDOJIDAI 構成=寺岡智之撮影=西口邦彦 国士舘大学卒業後、長年に渡って高校教員として後進の育成にあたっている関川忠誠教士。「起こりをとらえるには、日々の稽古で打ち切る剣道を実践すること」。そう語る関川教士に、打ちきる剣道を身につけるためのポイントについて語ってもらったー。 関川忠誠教士八段 せきかわ・ただあき/昭和34年生まれ、千葉県出身。国士舘高校から国士舘大学へと進み […]…

    2022年6月27日
  • ヨーロッパ

    帰ってきたヨーロッパ剣道。喜びの爆発と変化

    無料記事
    文=佐藤まり子 仲間とともに。王者フランスの優しい素顔 ヨーロッパ大会において最多優勝の実績を誇るフランス。ヨーロッパでは圧倒的な強さだ。「勝って当たり前」と考えているのではと思ったが、キャプテンの伊藤選手は「毎回、大きなプレッシャーを感じています」と語る。 伊藤選手は、フランス生まれフランス育ち。見た目は日本人だが生粋のフランス人だ。EKC28回大会では個人戦優勝の経験もあり、今回、個人戦は惜し […]…

    2022年6月21日
  • ヨーロッパ

    ヨーロッパ剣道、新たな時代の夜明け

    無料記事
    新型コロナウイルスの影響で第30回大会の開催が見送られ、3年ぶり31回目の開催を迎えたヨーロッパ剣道選手権大会(以下、EKC)。欧州においては、アフターコロナのルールが適用された初めての公式国際戦だ。参加国は32カ国。男子、女子、ジュニアの団体(男女は5人制、ジュニアは3人制)・個人の部計6部門が設けられ、男女ともにフランスが団体優勝、ジュニアの部ではセルビアが前回大会に引き続き優勝を飾った。選手 […]…

    2022年6月21日
  • 攻め

    起こりをとらえて打て(伊藤陽文)

    2021.8 KENDOJIDAI 撮影=西口邦彦、笹井タカマサ 起こりをとらえるにはどうすればよいか。「相手に動作の起こり・心の起こりを起こさせなければいけない」と伊藤範士は語る。起こりをとらえるためには、その過程を研究することが必要だ。 伊藤陽文範士 いとう・はるふみ/昭和16年東京都生まれ。鎌倉学園高から拓殖大を経て神奈川県警察に奉職。全国警察大会をはじめ、国体や全日本東西対抗大会、明治村大 […]…

    2022年6月20日
  • ストレッチ

    肩甲骨・股関節を意識せよ

    2021.8 KENDOJIDAI 打突の質を上げるには肩甲骨、股関節まわりの柔軟性を高めることが重要だ。一人でできるストレッチ&トレーニングを紹介する。 今 有礼(東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科教授)こん・みちひろ/昭和54年山形県小国町生まれ。山形県立米沢興譲館高校から山形大学、筑波大学大学院に進学。2007年筑波大学大学院博士課程修了。博士(スポーツ医学)。国立スポーツ科学センタ […]…

    2022年6月13日
  • 足と有効打突

    体幹と竹刀操作

    2021.3 KENDOJIDAI 「手で打つな足で打て、足で打つな腰で打て」の教えの通り、剣道では下半身始動で体さばき、竹刀操作を行なうことが重要だ。そのためには体幹から放出されるエネルギーを上半身、下半身に伝えることが重要となる。古来、剣道はへそを中心として構えることを大事にしてきた。へそを意識した稽古でワンランク上の剣道を身につけたい。 井島 章 教士八段 いじま・あきら/昭和32年秋田県生 […]…

    2022年6月6日
  • インタビュー

    団体戦の戦い方(岩本貴光)

    KENDOJIDAI 2022.2 岩本教士は、別府大学、明豊高校・中学校、光明館道場と小学生から大学生まで幅広い年代を指導する。「人の心を理解できないと剣道は強くならない」と強調する岩本教士に団体戦の意義と、勝利に向かっての稽古法を尋ねた。 岩本貴光(別府大学、明豊高校・中学校総監督)いわもと・たかみつ/昭和46年生まれ、50歳。大分県出身。PL学園高校から筑波大学へと進学し、卒業後は郷里に戻り […]…

    2022年5月30日
  • インタビュー

    【若手剣道家】実戦に通じる小手技 Part2

    KENDOJIDAI 2021.3 確実に小手を一本に決める工夫 村方孔哉(福岡)むらかた・こうすけ/昭和60年福岡県生まれ。長崎南山高から中央大に進み、卒業後福岡県警察に奉職する。全日本選手権出場、全日本東西対抗大会出場、全日本都道府県対抗大会2位3位など。現在、同警察第一機動隊所属・同警察剣道特練主将。剣道錬士七段  小手技を磨くための本格的な取り組みを始めたのは20歳代後半になってからです。 […]…

    2022年5月23日
  • インタビュー 小手

    【若手剣道家】実戦に通じる小手技 Part1

    KENDOJIDAI 2021.3 相手を動かして小手を打つための要素 川木一也(山形)かわき・かずや/昭和52年福島県生まれ。左沢高から東北学院大に進み、卒業後山形県警察に奉職する。全国警察大会団体2部4位3部3位個人出場、全日本選手権ベスト、全日本東西対抗大会出場、全日本都道府県対抗大会出場、国体出場など。現在、同警察本部警務部人材育成課勤務・剣道特別訓練員監督。剣道教士七段  若い特錬員の頃 […]…

    2022年5月16日
  • インタビュー

    個性を伸ばす団体戦の戦い方

    2022.2 KENDOJIDAI チームワークの大切さや個人の役割の理解などは、団体戦で養うことができる。子どもの個性を伸ばす団体戦の戦い方を考える。 大将は信頼度の高さで決定全員が応援するチームづくり 松田昴也(埼玉・春日部市立大沼中) ①団体戦の位置づけ団体戦は、目標に向かい、チームのプライドや看板、選手一人一人の想いを繋ぐ大切な試合だと考えます。またそれ以外にも勝ち負けだけではなく、チーム […]…

    2022年5月9日