剣道の技 足さばき

足さばき(古澤伸晃)

2020年10月12日

2020.8 KENDOJIDAI

これまで高校、大学、警察と各フィールドで輝かしい成績を残してきた古澤錬士。現在は母校日本体育大学剣道部男子監督として学生とともに研鑽を積む。自身が研究・工夫を重ねている実戦に直結する足さばきとは―。

古澤伸晃錬士七段

ふるさわ・のぶあき/昭和56年熊本県生まれ、38歳。阿蘇高校から日本体育大学に進み、卒業後、皇宮警察に奉職。全国警察選手権3位入賞。皇宮警察退職後、日本体育大学大学院を経て、現在は母校日本体育大学スポーツ文化学部武道教育学科助教、同大学剣道部男子監督を務める。

踵が床につくと居つきに。 腰の上下動を極力少なくする

足さばきは、体さばきと密接に連動し、相手を攻め込んで打突したり、相手の打突をかわしながら打突したりするためのもので、 「一眼二足三胆四力」の教えの通り、重視されているのは周知の通りです。相手と構え合ったとき、どんな状況でも相手に対応しなければならず、前進や後退、開き足を使うときも踵を浮かすようにしています。踵を浮かす高さは左足指一本、右足は薄紙を踏むなど気持ち程度と言われていますが、実戦で踵が床に着くと居つく危険性が高くなります。重心を真ん中に置き、移動するときはなるべく腰を上下動させないように気をつけています。

足さばきは、一つ一つに意味を持たせて行なわないと、無駄な動きになってしまいます。咄嗟の相手との対応の中でもつま先で床の感触を確かめながらも自然に移動できるようにしておかなければなりません。そのため、一人で足さばきの稽古をするときも、気を入れて集中するようにしています。素振りが、眼前に相手を想定して行なうように、足さばきも相手を想定して行なうことで、日々の稽古に活かされるようになります。対人での稽古が自粛せざるを得ない今、集中して足さばきや素振りに取り組んでいます。

踏み切る時は左足で床を押す。 遠くに跳ぼうとしない



残りの記事は 剣道時代インターナショナル 有料会員の方のみご覧いただけます

ログイン

or

登録

登録


Subscribe by:

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply