インタビュー

[栄花英幸×栄花直輝] 望郷稽古対談 vol.2:勝ちたい気持ちは人一倍。全部勝ちたい、そんなことばかり考えていた

2019年10月1日

※この記事は『剣道時代 2012年03月号』に掲載されたものです。

剣道界に「栄花」というなんとも派手な名前が定着してひさしい。
北海道喜茂別町で兄・英幸が竹刀を握ったのが今から40年以上も前のこと。それから数年後、弟・直輝が兄の背中を追うように剣道をはじめ、愚直に剣の道に邁進してきた両者の名は急速に剣道界に浸透していった。
そして現在、その名はくもることなくいっそうの輝きをたたえている。

なぜこの二人はいつまでも輝いていられるのか。スタートラインとなった喜茂別の町での真剣勝負、そして場所を変え、愛する息子と娘との稽古を終えた二人に話を聞いた。

栄花英幸教士八段(えいがひでゆき)
昭和39年7月17日、北海道生まれ。東海大四高校から東海大学を経て、郷里で高校教員となる。第39回全日本選手権大会準優勝、他3位2回。中倉旗争奪剣道大会優勝、全日本都道府県対 抗大会優勝など数々の輝かしい成績を残す。

栄花直輝教士八段(えいがなおき)
昭和42年10月29日、北海道生まれ。東海大四高校から東海大学を経て、北海道警察に務める。全日本選手権、世界選手権など数々の大会で優勝を果たしてきた、日本の剣道界を牽引するトップ選手の一人。現在北海道警察剣道特練監督。5月にイタリアで開催された第15回世界選手権大会では、日本代表コーチを務めた。

勝ちたいと思う気持ちは人一倍で、絶対勝つ、全部優勝、そんなことばかり考えていました(英幸)

●ここからは、お二人が剣道をはじめることになったきっかけから剣歴をたどっていこうと思いますが、将輝くんが将来の夢に「世界チャンピオン」と書いたように、お二人にも小さいころ夢はありましたか。

英幸 もう忘れてしまいましたね。ただ、とにかく勝ちたいという気持ちは人一倍強かったと思います。絶対勝つ、全部優勝、そんなことばかり考えていました。

直輝 ちょっと異常だったよね(笑)。



残りの記事は 剣道時代 有料会員の方のみご覧いただけます

ログイン

or

登録

登録


Subscribe by:

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply