Browsing Category

連載

  • 蒔田 実の剣道授業

    蒔田 実の剣道授業 :2時限目 攻めと打突を連動させる

    2009.01 KENDOJIDAI 昭和59年、国際武道大学の開学と同時に助教授として赴任。現在、同校の副学長をつとめる蒔田実教士。剣道指導者を養成する専門大学の指導者として教壇に立ち、教え子は寺本将司選手(第55回全日本選手権大会優勝)、若生大輔選手(第56回全日本選手権大会準優勝)など平成の剣道界で活躍している。 競技者としても世界選手権大会優勝、全剣連設立50周年記念八段選抜優勝大会で準優 […]…

    2020年11月23日
  • 自分で作る道 連載

    はじまり(クリストファー E・J ヤング)

    無料記事
    自分で作る道 :第四回 はじまり *この記事はコロナの影響で剣道道場が中止になる前に書きました。第一回はこちら第二回はこちら第三回はこちら 道場を始めるにあたっては、やらないといけないこと、決めないといけないことがたくさんあります。そして残念なことに、剣道道場の始め方を教えてくれる本もマニュアルも全くありません。幸か不幸か、私は全てを失敗を重ねて学ばなければなりませんでした。 何よりもまず、場所を […]…

    2020年11月13日
  • 自分で作る道 連載

    信仰の飛躍(クリストファー E・J ヤング)

    無料記事
    自分で作る道 :第三回 信仰の飛躍 *この記事はコロナの影響で剣道道場が中止になる前に書きました。第一回はこちら第二回はこちら 私がカリフォルニアからテキサスに引っ越す前から、多くの人から「テキサスで剣道は人気がないだろう」、「自分の稽古するのは無理だろう」など、色々モチベーション下がるコメントをいただきました。テキサス州で道場を始めても、会員は入会しないし、入会したとしても長くは続かないだろうと […]…

    2020年10月30日
  • 蒔田 実の剣道授業 連載

    蒔田 実の剣道授業 :1時限目 剣道稽古の目的

    2009.01 KENDOJIDAI 昭和59年、国際武道大学の開学と同時に助教授として赴任。現在、同校の副学長をつとめる蒔田実教士。剣道指導者を養成する専門大学の指導者として教壇に立ち、教え子は寺本将司選手(第55回全日本選手権大会優勝)、若生大輔選手(第56回全日本選手権大会準優勝)など平成の剣道界で活躍している。 競技者としても世界選手権大会優勝、全剣連設立50周年記念八段選抜優勝大会で準優 […]…

    2020年10月26日
  • 自分で作る道 連載

    夢の実現(クリストファー E・J ヤング)

    無料記事
    自分で作る道 :第二回 夢の実現 *この記事はコロナの影響で剣道道場が中止になる前に書きました。第一回はこちら プレイノ剣道道場を始めることがどれだけの挑戦で、そしてどれだけの時間と労力が必要なのか私はわかっていませんでした。最初の一歩を踏み出すために、どれだけの信念と勇気が必要なのかも。 2018年6月、プレイノ剣道道場がオープンしてからほぼ1年半が過ぎました。しかしテキサスで剣道道場を始めると […]…

    2020年10月23日
  • 連載 香田郡秀の剣道授業

    香田郡秀の剣道授業:5時限目 小手に対する応じ技

    KENDOJIDAI 2013.10 筑波大学教授香田郡秀教士八段がはじめて誌上で完全公開する剣道授業。あの原田悟も、あの髙鍋進も、あの村山千夏も……。筑波大学出身の活躍剣士はみんなこの授業に参加した。あなたもかれらと同じ授業を受ける。 1時限目 基本動作2時限目 仕かけて面3時限目 仕かけて小手4時限目 面に対する応じ技5時限目 小手に対する応じ技6時限目 稽古法 プロフィール 香田郡秀(こうだ […]…

    2020年6月29日
  • 剣道のメンタル強化法 連載

    矢野宏光:勝利の裏側、意識と無意識

    私がこの執筆で目指したことは、単に難解な心理学研究の知識やトピックを示すのではなく、様々なレベルの剣士やアスリートが日々の中で「感じ」、「考え」、「実行」してきたことを心理学の理論と方法論に乗せながら、できるだけ具体的でわかりやすく解説することでした。 各稿は、心理学の一テーマと剣道や日常場面とをリンクさせながらストーリー展開することをベースとしています。その中の一フレーズでも心に留まり、明日から […]…

    2020年6月24日
  • 岩立三郎:松風館奥伝 連載

    岩立三郎 剣道レッスン:松風館奥伝9、生涯剣道

    生涯剣道剣道は山々雲我以外皆師を胸に日々向上をめざすこと プロフィール岩立三郎(いわたて・さぶろう)/昭和14年千葉県生まれ。千葉県成田高校を卒業後、千葉県警察に奉職する。剣道特練員を退いた後は、関東管区警察学校教官、千葉県警察剣道師範などを歴任。昭和53年から剣道場「松風館」にて剣道指導をはじめ、現在も岩立範士の指導を請うべく、日本はもとより海外からも多数の剣士が集まっている。現在、松風館道場館 […]…

    2020年6月8日
  • 剣道のメンタル強化法 連載

    矢野宏光:剣道のメンタル強化法 vol.6 昇段審査でのタイムマネジメント

     あなたは昇段審査に臨むにあたり、どのような取り組みをされていますか?もし、なんの準備もせずに受験しているならば、この機会に「審査に臨むまで」を考えてみませんか。 プロフィール 矢野宏光(やの・ひろみつ)1968(昭和43)年 秋田県湯沢市生まれ。東海大学体育学部武道学科剣道コース卒業。東海大学大学院修士課程体育学研究科(運動心理学)修了。名古屋大学大学院博士後期課程教育発達科学研究科(心理学)満 […]…

    2020年3月12日
  • 連載 香田郡秀の剣道授業

    香田郡秀の剣道授業:4時限目 面に対する応じ技

    ※この記事は『剣道時代 2013年10月号』に掲載されたものです。 筑波大学教授香田郡秀教士八段がはじめて誌上で完全公開する剣道授業。あの原田悟も、あの髙鍋進も、あの村山千夏も……。筑波大学出身の活躍剣士はみんなこの授業に参加した。あなたもかれらと同じ授業を受ける。 1時限目 基本動作 2時限目 仕かけて面 3時限目 仕かけて小手 4時限目 面に対する応じ技 5時限目 小手に対する応じ技 6時限目 […]…

    2020年3月9日