剣道の技 攻め 構え 溜め

完全なる竹刀操作(八木沢 誠)

2021年3月8日

2016.10 KENDOJIDAI

八木沢 誠 教士八段

やぎさわ・まこと/昭和36年秋田県生まれ。秋田商業高校から日本体育大に進む。卒業後、助手として大学で研究活動を続ける。現在、日本体育大学教授、同大学剣道部長。

隙を捉えることが剣道

 剣道の運動形態は基本的には闘争的運動であり、一対一で直接的に技を競い合う対人競技です。そして、その技術は相手との相互作用の中で成り立っているもので、相手を想定しない個人の運動としての技術ではないといえます。

 さらには至近距離での攻防が主となるため、相手の変化は自己の変化を決定することとなり、その変化は形態的にも動作的にも極めて複雑であり、多様であって、相手との相互作用は無限とも考えられる広がりをもっています。ここに個人競技としての剣道技術の習得だけでは解決できない剣道の難解さが混在していると考えられます。

 全日本剣道連盟(以後「全剣連」と略す)ではその技術動作の構造を理論的に整理し、「基本打突の技術的要素」に関して、「剣道の打突動作を運動学的に捉えると、『構え』→『攻め』→『打突』→『残心』の一連の動作が完結することにより、その内容が有効打突として評価される」と説明しています。

 実際の場面においては、一連の動作の中で打突をより確実に行なうためには、互いに攻防を展開する中でわずかな隙を捉えて(或いは予測をして)瞬間的な打突をしなければなりません。よって、一方的に攻めたと思って(感じて)打突するのではなく、相手の心身の状態を正確に捉えた上で技を出す必要性があると考えなければなりません。

 つまり打突技術を構築する要素には全剣連の言う4つの運動学的要素に加え、「攻め」から「打突」の間に「捉える」といった心理学的な要素が介在し、重要な役割を担っていることを理解しなければなりません。そして「攻め」「捉える」「打突」を行なうには、自由自在に竹刀操作ができなければならないのは周知のとおりです。

攻めと竹刀操作

「攻め」を一口で言いあらわすことは大変困難ですが、ここでは便宜的に「打突動作を効果的に行なうための条件を整える目的で打突の機会をつくったり、打突の機会を見出したりする目的で気力や竹刀の操作・身体のさばきなどによって相手の心身のバランスを崩して隙を生じさせる動作」と規定した上でその中に含まれる要素について考えてみたいと思います。

「攻め」には一定の形はなく千差万別ですが、古くから「三殺法」や「三つの挫き」などという教訓があり、現代剣道においても大いに活用されています。

① 「剣を殺す:相手の剣の攻撃力をなくすこと。すなわち相手の構えを崩すこと」
② 「技を殺す:相手の得意技を封じること」
③ 「気を殺す:十分な気迫で相手を攻めることによって相手を消極的にすること」

「三殺法」は右のように解説されています。それぞれが別々に行なわれるのではなく、三つの立場から一体的に行なうことが理想とされています。

 一般的に剣先が利く・剣先が強い・剣先で攻めるなどというように、剣先は「仕かけ」の要ともいえます。笹森順造先生は剣先や竹刀の運用の仕方、働かせ方には以下のような方法があると述べられております。



残りの記事は 剣道時代インターナショナル 有料会員の方のみご覧いただけます

ログイン

or

登録

登録


Subscribe by:

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply